「AGA」カテゴリーアーカイブ

戸惑いながらも続けて成功したAGA治療

信じられないくらい簡単に髪が抜けてしまう状態になっていました。シャンプーをする時はもちろん、ドライヤーで乾かす時やセットをする時など、あまりにも抜け毛が多く見られていたので、ストレスに感じていました。次第に薄い部分を隠し切れなくなり、帽子を被って外出する機会が増えた時、コソコソし続けることに限界を感じたので、改善するために育毛剤や育毛シャンプー、サプリメントなど色々と試しました。

その中で最も効果を実感できたのはAGA治療です。抜け毛を減らす効果と発毛の効果がある薬を服用した結果、問題なかった頃に近い状態にまで戻りました。しかし、AGA治療を開始したばかりの時に、抜け毛が多くなったことがあったので戸惑ったことがあります。それでも、最終的に抜け毛は少なくなり、望んでいた状態になったのは良かったです。AGA治療は髪に満足するまで続けていくつもりです。治療といっても飲み薬なので続けるうえで大変なことは特にありません。

女性を安心させるやさしさオーラ全開に

薄毛の対策を気にするあまり卑屈になってしまったり、いじけてしまうとそのオーラが周囲の人を遠ざけてしまいます。髪の毛のことは容姿の問題ですから、周囲の視線が必要以上に気になったり、うつむきがちになるかもしれませんが、必要以上に下を向くことはありません。男性が女性に美しさを求めるように、多くの女性は最初は男性の容姿に惹かれます。でも女性の場合は長い目で見てどうか、一緒にいて安心できる人か、内面的なことを最終的には重視する傾向があるので、男性が考えるより容姿に固着していません。

 

最初は容姿からというのは男女ともに同じだとしても、人間はいずれ年を重ねて容姿も衰えるときがやってきますし、その時に一緒にいてよかったと思える男性を、女性は本能的に選んでいます。容姿が互いに衰える年齢に入っても、相変わらず器が大きくて優しい男性であれば、女性は選んで正解だったとガッツポーズです。女性は男性の薄毛をさほど気にしていませんので、本来の器の大きさややさしさを全面的に出したほうが、女性側としても声をかけやすくなります。

薄毛をぐちぐち悩むより発毛外来で相談

「薄毛かなー」と、実は密かにやたらと心配しているのならば、まずは病院に行くべきだと思っています。例えば女性の薄毛なら大宮にある専門院がおすすめです。「なんで病院!?ハゲは病気じゃないで!」と、思う人もいることでしょう。確かにハゲは病気ではありません。しかし気になるものでしょう。そして、今では総合病院でハゲ治療ができる時代なのです。

まあそうは言いましても、ハゲ対策に通う「発毛外来」は、すべての病院にあるわけではありません。けれど、発毛外来を設けている病院は、結構増えていますからね。しかも午後7時ないし午後8時までの夜間診療を開いてくれている発毛外来もありますから。とても心強いというものでしょう。

まあ発毛外来と言いましても、6割は処方箋をもらうだけの目的で通うことにもなるのですが、しかし処方箋が効くのですから、通う価値は十分にあるというものでしょう。ましてや地元の病院でしたら、通うのにハードルだって低くなります。

ですからまずは、発毛外来を設けている病院をチェックして、そして行ってみると良いでしょう。ぐちぐち悩んでいるよりも、発毛外来で相談でしょう!

20代後半から前髪が後退していました。

私(男性)は20代後半に差し掛かった頃から薄毛に悩む様になりました。
私は普段前髪をセンター分けでセッティングするのですが次第に前髪のボリュームが少なくなり、前髪をセンターで分けても左右に地肌がはっきりと見える隙間ができる様になりました。髪をかき上げて見ると前髪の左右の生え際が後退していました。
当時、薄毛に関する知識が全く無かった私はネットで調べた所、男性のAGAで悩まれる数種類の髪型の症例パターンの1つに私の生え際の症状が一致していました。育毛に良い食事への切り替えや亜鉛を効率よく摂取できるサプリメントの購入で様子を見ることも考えましたが、ネットで得た自分の知識だけで改善できるのか自信が無かった為、AGA治療と発毛を専門とする浦和のクリニックを調べて無料相談を申し込みました。
相談は女性スタッフさんが基本的な治療方針や流れ、治療に見込まれる平均的な費用、クリニック内の設備案内等を1対1で丁寧に説明して下さいました。髪に良い食事のレシピ等をまとめた冊子も貰えました。
中々こういうクリニックの経験談を知人から聞くという機会は少ないと思いますし、通院にも抵抗がある人も多いと思います。私もそうだったのですが、説明を聞きクリニック内を実際に見ることができ、そういった抵抗感は消えていき、通院して治療を受けることに決めました。今では無料相談に申し込んで良かったと思っています。

薄毛を隠すようになって雨が怖くなる

生え際が後退しており、育毛剤を塗って対策していますが、効果を実感できずに後退し続けている状況です。このまま後退していく様子を見ているだけなのはとても辛いので、別の方法を模索しているところです。

 

今の段階で自分ができる最高の対策は、薄毛を隠してバレないようにすることです。そのため、髪の毛をフワッとさせてからスプレーでガチガチに固めてから外出しています。これで風が吹いても髪型が乱れ辛くなったので、薄毛を隠せるようになっています。ところが、以前帰宅する際に途中で雨が降ってきました。200mくらいだったので雨の中を走って帰宅し、鏡を見たところ、スプレーでガチガチに固めていたはずの髪型が乱れ、誰が見ても薄毛とわかるすだれのような前髪になっており、愕然としました。

 

この体験から、雨はとても怖く感じており、天気の悪い日はかなり注意しています。また、外出する時は急な雨対策として折り畳み傘を携帯し、髪型を守るために必死です。やはり、口コミで知ったさいたま市の薄毛対策クリニックにでも行ってみようと思います。

病院選びは通いやすさ、相性が大切

AGAの治療には時間がかかります。髪の成長は非常にゆっくりで、1日に0.3mmほどしか伸びません。そのため、AGAの治療には根気が必要なのです。
病院でAGAを治療する際大切なことは、その病院が信頼できて実績があるということですが、治療には時間がかかるため、通いやすさも重要です。

 

自宅や会社から近い、電車の本数が多くアクセスが便利など、通いやすい病院を選ぶとよいでしょう。
長く通うことを考えると医師との相性も大切です。気が合わない医師に治療をしてもらうのはよい気分がしないだろうし、その医師にすべてを任せることにも不安を感じることでしょう。

 

医師との相性はカウンセリングを受けて確かめてみましょう。AGA専門クリニックでは、無料でカウンセリングを行っていることがあります。カウンセリングを受けたからといって、必ず治療を受けなければならないわけではありません。医師との相性が悪いと感じたり、治療方法に納得できなければ、治療を断ることもできます。

薄毛に悩まされてる私の育毛ケア状況

お恥ずかしいお話ですが数年前に生理も止まり女性ホルモンのバランスが乱れ始めたのか変な症状にも悩まされることが多々ありました。しかもそれは女性にとってとても大切な髪の毛にも影響が出てきており抜け毛なども増えています。

 

髪のことに関して書き込んでるだけでとても精神的にダメージを受けてしまうほど深刻なことになっており今までボリュームもあった髪はペタンコになり余計それが老けさせてしまってるように思えます。改善策としては女性育毛剤なる物を人生の中で初めて使うことになり抵抗感はありましたけれど改善できるのならばと使っております。

 

今現在のところ3年ほど使って感じたことと言えば髪質が多少なりともマシになって程度と、それと抜け毛が減ってるというのはとても喜ばしいことではあります。今のところ髪が増えてるという感じは見られません。女性のホルモンバランスによる薄毛が増えているらいいので、これ以上薄毛が進行しないように予防を心掛けつつできるだけボリュームが戻るよう頑張って育毛ケアを今後も続けて行こうと思います。

男性型脱毛の進行はある程度の受入れも大事

毛穴の内部に溜まる皮脂により抜け毛が促進される、という事が良く言われてきましたが、それが真の抜け毛の原因なのか、あるいは男性ホルモンや脱毛酵素の活性化による結果として現れてきたのか、捉え方によって抜け毛や薄毛対策は大きく変わってきてしまいます。

もし皮脂そのものが原因であれば、皮脂を適度に除去してあげる事により抜け毛や薄毛化は収まる筈ですが、少なくとも男性型脱毛症の人がその対策のみで大きな成果を上げた例は殆ど無く、やはり根本的原因である体内のホルモンバランスや脱毛酵素の抑制を行わない限り、髪の毛を全盛期の頃まで復活させるのは非常に難しいという事が言えるでしょう。

皮脂の除去だけで抜け毛や薄毛が治る人は男性型脱毛症が原因でない事は確実であり、ストレスや食事バランス等の生活習慣に大きな原因があると言えます。ただ脱毛症の観点から見れば非常に軽傷であり、ストレスや生活習慣を治せば毛穴の皮脂も解消し、すぐに健康な髪の毛を取り戻す事が出来るのです。

女性ホルモンの支配下にある女性の脱毛症の大半はこのパターンであり、男性と比べ悲観する必要は全く無いのです。

男性に関して正直に言えば、進行を始めた男性型脱毛症を個人の力で食い止める事は不可能に近く、将来薄毛となってゆく自分の姿を許容出来ないのであれば、素直に近郊のAGA治療の外来を受診し、適確な診断の元フィナステロイドやプロペシアといった唯一効能のある薬剤を処方してもらうのが現状ではベストです。

またコスト的にこれらの薬剤を長期間服用出来ないというのであれば、将来に渡り、加齢とともに薄毛を受け入れてゆける様、メンタルを鍛えるという方法もありかも知れません。

薄毛対策は可能性があるうちに行うのがいい

AGAによる薄毛対策は「若い時」にこそ始めた方がいいですよ。髪の毛が生えていることに、薄毛対策は行わなくてはならないのです。だってもう何年も髪の毛が生えてこなくなった頭の毛穴にしましても、AGA治療だなんだと、世間において「効果がある」とされている薄毛対策方法を試したところで、ハゲ切ってからでは遅いというものです。こんな言い方をするのは失礼だということは、重々承知していますが。

 

しかし若い頃というのは、「薄毛で発毛外来とかクリニックに通うのは恥ずかしい」というつまらないプライドが捨てきれないものなのですよね。「頭髪が薄くなってきているのですから、早めに禿げ対策をするべきでしょう」と思うのです。しかし当の男性本人からしてみたら「できれば人に知られずにハゲを治したい」と思っているというものでしょう。

 

「薄毛対策をしなくてはならない」と、自分では思ってはいても、薄毛治療をおこなう病院やクリニックに通っていることを知られたら恥ずかしいと、思っている人もいるのですよね。可能性があるのに、なんとももったいないことです。

若年性の抜け毛に悩んでいる人たち、諦めないで!

お風呂の排水口に溜まっていく抜け毛を見て、徐々に自分の抜け毛について気になり始めました。

 

元々そこまで毛量が多い方ではありませんでしたが、抜け毛が多いことをだんだん親も気付き始めました。

 

親に「あんた髪抜けすぎ!!排水口に溜まってて汚いんよ、掃除する身にもなってくれんかなぁ?日頃の行いが悪いから抜けるんよ!!」と怒鳴られたこともありました。
すごく傷ついたし、今でも昨日のことのように思い出します。

 

当時、雑誌で紹介されていた「女の子用育毛剤」なるものがあり、ドラッグストアで購入してから一生懸命頭に塗っていましたが、今考えると私に必要なのは育毛剤じゃなくて発毛剤(?)だということに気がつきました。

 

正直、効果があったんだかどうなんだか分かりません。今考えると、気休め程度の商品だったのかなと思います。

 

同じシリーズで、髪を早く伸ばせるシャンプーとコンディショナーがありましたが、あれも効果があるんだか怪しくて、ちょっと欲しかったんですが買いませんでした。

 

最近はCMでも「AGA」についてのものをちょくちょく見かけます。薄毛や抜け毛が気になる方は受診してみるのも手かなと思います。
ただ、なかなか足を踏み入れにくい領域ではありますよね。私も正直行こうか迷っているところでした。

 

別の件で皮膚科を探していたところ、皮膚科でも薄毛外来なるものがある病院もあることが分かりました。

 

「薄毛専門」の病院に行くのは人目を気にするし恥ずかしいけど、皮膚科で診てもらえるのならありだなと思いました。私は、近いうちに皮膚科の薄毛外来を受診するつもりです。悩んでいる皆さんも、興味があればぜひ。