月別アーカイブ: 2018年2月

薄毛対策で使用する発毛剤と育毛剤の違い

髪の毛が薄くなってきた時に発毛剤を使用する人もいれば育毛剤を使用する人もいます。どちらも薄毛対策の時に使用する商品ですが、どのような違いがあるのか分からない人も少なくないでしょう。そこで発毛剤と育毛剤の違いを確認していきましょう。

・効果の違い

薄毛対策をしていると効果を実感する事が出来ますが、発毛剤と育毛剤では効果の出方が異なってきます。発毛剤は新しく毛を生やす効果があるのに対して育毛剤は新しい毛が生えてくるのを促進する効果があります。薄毛の進行具合が酷い時は発毛剤、それほど酷くない時は育毛剤を使用して薄毛対策をするのが適しています。

・安全性の違い

発毛剤や育毛剤を使用して薄毛対策をする時に頭皮トラブルが出るリスクが少なからずあります。特に発毛剤にはミノキシジルなど強力な育毛成分が配合されているので強い刺激を与えてしまいます。また育毛剤は発毛剤に比べるとそれほど強力な育毛成分は含まれていないので育毛剤の方が安全性が高いと言われています。こういったことは専門家に聞くのが一番なので、埼玉の女性の薄毛対策で話題のクリニックで相談したいと思います。

薄毛を隠すようになって雨が怖くなる

生え際が後退しており、育毛剤を塗って対策していますが、効果を実感できずに後退し続けている状況です。このまま後退していく様子を見ているだけなのはとても辛いので、別の方法を模索しているところです。

 

今の段階で自分ができる最高の対策は、薄毛を隠してバレないようにすることです。そのため、髪の毛をフワッとさせてからスプレーでガチガチに固めてから外出しています。これで風が吹いても髪型が乱れ辛くなったので、薄毛を隠せるようになっています。ところが、以前帰宅する際に途中で雨が降ってきました。200mくらいだったので雨の中を走って帰宅し、鏡を見たところ、スプレーでガチガチに固めていたはずの髪型が乱れ、誰が見ても薄毛とわかるすだれのような前髪になっており、愕然としました。

 

この体験から、雨はとても怖く感じており、天気の悪い日はかなり注意しています。また、外出する時は急な雨対策として折り畳み傘を携帯し、髪型を守るために必死です。やはり、口コミで知ったさいたま市の薄毛対策クリニックにでも行ってみようと思います。

M型の薄毛になったときの対策

薄毛の種類の中にもいろいろありますが、その中でもAGAによるM型の薄毛が気になる人が多いのではないでしょうか。M型の薄毛とは、額の両端の髪の毛が抜けるようになる、おでこがM型になってしまうような薄毛を言います。他の人と対面した場合、M型の薄毛が目立ってしまうので何とか対策したいと考えている人も少なくありません。

 

M型の薄毛になってしまった場合、どのような方法で対策を講じればよいのでしょうか。まず、クリニックの先生に見てもらった後、指示に従って育毛剤や発毛剤を使用するのがよいでしょう。育毛剤や発毛剤にもいろいろありますが、その中でもミノキシジルが有効です。ただ、ミノキシジルはAGA対策としてはあまり効果ありません。そのため、M型の薄毛のみの症状である場合に限定されます。

 

また、クリニックで定期的にヘッドスパを受けてみるようにしましょう。頭皮が刺激されると頭の血管の流れがよくなるので、発毛が促されます。育毛剤を使用しながら行うとより効果的です。

育毛剤で薄毛を防止するときのポイント

男性型脱毛症を治療をするなら自分の体質に合う商品を購入しないと、逆効果になることもあるのが育毛剤です。CMでよく見かけるから、第六感が働いたからなどのあいまいな理由で選ぶのはよくありません。

 

まず、男性専用なのか女性専用のか男女共用なのかチェックしましょう。女性が男性専用の育毛剤を使うと高確率で悪化します。なぜかというと、男性専用の育毛剤に含まれている成分は女性にとって強すぎるからです。男性が女性専用の育毛剤を使っても何の効果も出ません。

 

なぜなら、女性専用の育毛剤に含まれている成分は男性にとって弱すぎるからです。男女共用の育毛剤は男性、女性どちらも安全に利用できますが、それぞれの性別専用の育毛剤と比較すると薄毛防止の効果は劣ります。

 

育毛剤は使い方の違いにより、頭につけて使う育毛剤と飲む育毛剤の2種類があります。メジャーなのは頭につけて使う育毛剤です。浴室で洗髪するときのような軽い気持ちで使うことができます。飲む育毛剤は体内にいれるということもあり効果絶大ですが、その分副作用が伴うリスクがあります。

隠さない。中身を磨いて!

私たち女性が見た目のことで悩んでいるように、男性も同じように薄毛対策で悩んでいるのですね。
私が提案したいのは、決して隠さないこと。

いわゆるバーコード頭など、未練がましい印象を受けます。出勤前に何分セットしてるんだろう、などと余計な想像をしてしまうことも。

カツラはよほどいいものでないと必ずわかります。違和感があったり、髪の毛がどこかしら頭から浮いているのがわかるのです。

薄くなっていない部分を長めにカットしている方もいらっしゃいますが、却って薄い部分が目立ってしまうだけです。

隠せば隠すほど薄い部分が強調されてしまいます。

潔く短く刈ってみたらどうでしょう。私は短くしている人の方がさっぱりとした印象になると思います。頭の形が悪くて坊主頭にできないケースもあるかと思いますが、そこはお店と相談して、ヘアスタイルのアドバイスを受けるとよいと思います。

もちろん、見た目も大事ですが、モノをいうのは中身、心です。

自分の中にたくさんの引き出しを作ってください。いろんな人の気持ちがわかるような人も素敵だと思います。

髪の毛の色を明るくするといいかも

以前付き合っていた男性に、ちょっと薄毛の人がいました。でも、髪型を工夫して薄毛をうまくごまかしていたんですよね。中でも感心したのが、髪の毛の色を明るく染める(脱色する)ということです。

 

ほら、私たち日本人の肌って(当たり前ですが)肌色でしょ。で、髪の毛は黒。黒と肌色というのは、コントラストが半端ではなく、薄毛に陥るとどうしても地肌が目立ってしまいます。このコントラストを軽減するための手段は大きく分けて二つあります。

 

まず一つ目が、髪の毛と同じように、肌を黒く焼く、ということ。で、もう一つが、肌と同じような色に髪の毛を染める(脱色する)ということです。で、私が付き合っていた男性は、後者の髪の毛を染めていたのですが、そうすることによって、相当程度薄毛が緩和されるんですよね。

 

なので、薄毛に陥っている人は、こういう対策もあるということを頭に入れておいてください。ただし、会社勤めをしていたり、あとは脱色剤に肌が負けてしまう、という方は、もう一つの対策「肌を黒く焼く」というのがお勧めです。

病院選びは通いやすさ、相性が大切

AGAの治療には時間がかかります。髪の成長は非常にゆっくりで、1日に0.3mmほどしか伸びません。そのため、AGAの治療には根気が必要なのです。
病院でAGAを治療する際大切なことは、その病院が信頼できて実績があるということですが、治療には時間がかかるため、通いやすさも重要です。

 

自宅や会社から近い、電車の本数が多くアクセスが便利など、通いやすい病院を選ぶとよいでしょう。
長く通うことを考えると医師との相性も大切です。気が合わない医師に治療をしてもらうのはよい気分がしないだろうし、その医師にすべてを任せることにも不安を感じることでしょう。

 

医師との相性はカウンセリングを受けて確かめてみましょう。AGA専門クリニックでは、無料でカウンセリングを行っていることがあります。カウンセリングを受けたからといって、必ず治療を受けなければならないわけではありません。医師との相性が悪いと感じたり、治療方法に納得できなければ、治療を断ることもできます。

薄毛に悩まされてる私の育毛ケア状況

お恥ずかしいお話ですが数年前に生理も止まり女性ホルモンのバランスが乱れ始めたのか変な症状にも悩まされることが多々ありました。しかもそれは女性にとってとても大切な髪の毛にも影響が出てきており抜け毛なども増えています。

 

髪のことに関して書き込んでるだけでとても精神的にダメージを受けてしまうほど深刻なことになっており今までボリュームもあった髪はペタンコになり余計それが老けさせてしまってるように思えます。改善策としては女性育毛剤なる物を人生の中で初めて使うことになり抵抗感はありましたけれど改善できるのならばと使っております。

 

今現在のところ3年ほど使って感じたことと言えば髪質が多少なりともマシになって程度と、それと抜け毛が減ってるというのはとても喜ばしいことではあります。今のところ髪が増えてるという感じは見られません。女性のホルモンバランスによる薄毛が増えているらいいので、これ以上薄毛が進行しないように予防を心掛けつつできるだけボリュームが戻るよう頑張って育毛ケアを今後も続けて行こうと思います。